仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却コラム

建売住宅の不動産売却は難しい?注文住宅との違いを解説

公開:2020/04/22更新:2020/06/07

戸建住宅はマンションよりも売却しにくいということを聞いたことがある人も多いと思います。

戸建住宅と一口に言っても、戸建住宅には建売住宅と注文住宅の2種類ありますが、どちらが売却しにくいといった違いはあるのでしょうか?

この記事では、建売住宅の不動産売却は難しいのか、注文住宅との違いについて解説します。

建売住宅と注文住宅の特徴を徹底比較

戸建住宅は建売住宅と注文住宅の2つあります。建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。注文住宅とは、土地を購入してから家の設計、建築を行う住宅のことです。

建売住宅は既に土地の上に建物が建っているため、建物が建つまで待つ必要がありません。また、建売住宅は建物の型がある程度決まっており、材料もほぼ同じものを使用することによってコストダウンを図っているため、割安で住居が手に入ります

注文住宅は、まず自分の好きな場所の土地を購入してから家の設計に取りかかり、建物が完成してようやく居住を開始できます。建物の完成まで時間がかかる一方、自分の個性を詰め込んだ住居に住むことができます

このように、建売住宅と注文住宅は大きく異なっていますが、売却する際は建売住宅と注文住宅で差が生じるのでしょうか?建売住宅と注文住宅の特徴を比較すると以下の通りです。

建売住宅の特徴 注文住宅の特徴
コンパクトにまとまっている こだわりのある住宅に住める
売却しやすい 価格が割高になる
個性がない 万人受けしない

双方の特徴を比較しながらどちらが売却しやすいのか調べてみましょう。

建売住宅の3つの特徴

建売住宅の特徴は以下の3つです。

・コンパクトにまとまっている
・売却しやすい
・個性がない

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

建売住宅の特徴①:コンパクトにまとまっている

建売住宅では注文住宅のように住宅を購入しようとしている人の意見が反映されません。設計士が土地の広さや形状を見ながら決定した設計図に基づいて建物を建てるため、建売住宅は無駄がなくバランスが良いという特徴があります。

注文住宅は住宅を購入しようとしている人の意見が反映されているため、物件の中には使い勝手が悪いものもあるので、内覧を行って見極めなければなりません。しかし、建売住宅はコンパクトにまとまっており、購入してから後悔するリスクは低いと言えます。

そのため、不動産を探している人は注文住宅より建売住宅を選ぶ可能性が高いと言えるでしょう。

建売住宅の特徴②:売却しやすい

建売住宅と注文住宅を比べると、建売住宅はコストを抑えることで価格を抑えているため、安価に手に入りやすいと言えます。そのため、少しでも安く住居を手に入れたいという人は、建売住宅を選ぶケースが多いですが、これは中古として売り出す場合も同様です。

中古住宅として売りに出される際も売出価格を決める際の基準が戸建住宅より低いため、少しでも安く住居を手に入れたい人の需要が期待できます。建売住宅だからと言って、必ず売却しやすいと言い切れるわけではありませんが、コスト面では建売住宅より有利になるでしょう。

建売住宅の特徴③:個性がない

建売住宅は同じものを多く作ることによってコストを抑えています。建売住宅が売り出されているエリアでは一帯の土地を建築会社が買い占めているため、周辺に外観が同じ物件が並んでいるのが一般的です。

建売住宅は、売ることに特化して建てられているため、外観や内装の完成度は高いですが、個性を求めている人にとっては同じ物件ばかりなので面白みがないと言えます。そのため、コンパクトにまとまっている、コスト面で優れていると言っても、必ずしも売却に有利と言い切れないので注意しましょう。

注文住宅の3つの特徴

注文住宅の特徴は以下の3つです。

・こだわりのある住宅に住める
・価格が割高になる
・万人受けしない

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

注文住宅の特徴①:こだわりのある住宅に住める

日本の一般的な住宅は1部屋が小さく部屋が多いという特徴がある一方、海外の住宅はリビングが大きく部屋数が少ないという特徴があります。

建売住宅では万人受けする作りとなっていますが、注文住宅ではリビングを大きくする、お風呂を広くする、ロフトや屋根裏を確保するなど間取りに自分の意見を反映できます。自分のこだわりが多く詰まった家に住むことができることが大きな魅力です。

ただし、建売住宅は完成後の物件を確認してから購入できますが、注文住宅はできません。建物が完成してから「これは失敗だったな」と感じる部分が最低でも1ヶ所はあります。こだわりが強く出すぎた場合は、売却の際にデメリットになる可能性もあるので注意しましょう。

注文住宅の特徴②:価格が割高になる

建売住宅は、似たような建物をいくつか作ることでコストを抑えているため、比較的安価に建物を手に入れることが可能です。

しかし、注文住宅は、オリジナルの建物を1から作り上げるのでこだわるほど価格が高くなるので注意が必要です。自分が長く済み続ける場合は問題ありませんが、何かしらの理由で物件を手放すこともあります。

>注文住宅の特徴③:万人受けしない

建売住宅は多くの人に買ってもらうことを目的として作っており、万人受けしやすいと言えます。一方で、注文住宅は売ることが目的ではなく住宅を購入しようとしている人が自分の住みたい家を建てるため、万人受けする作りになっているとは言えません

そのため、注文住宅を売ろうとしても、建売住宅と比べて需要が限られるため、なかなか買い手が見つからない可能性が高いと言えます。

また、注文住宅は建売住宅と比べると、建物にこだわっているので売却価格が高い物件の規模が建売住宅より大きいケースが多いことも需要が限られる原因です。売却に有利とは言えないため、注文住宅を売却する際はしっかり対策を練る必要があるでしょう。

不動産売却には建売住宅が有利

建売住宅と注文住宅を比べた場合には、不動産売却には建売住宅が有利と言えます。その理由は、金銭面に余裕がある人は、自身で新築の建売住宅や注文住宅を購入するためです。

中古戸建住宅を選ぶということは、金銭面にあまり余裕がないと考えられます。売出価格は、注文住宅よりも建売住宅の方が低くなる可能性が高く、売却という点では建売住宅の需要の方が高いと言えます。

しかし、いくら建売住宅が注文受託より売却に有利と言っても、立地条件が優れている物件が多いマンションより需要が低いのが一般的です。建売住宅は売却期間が長くなる、売却価格が低くなる可能性があるので不動産会社に相談してアドバイスをもらいながら売却を進めていきましょう。

まとめ

戸建は建売住宅と注文住宅の2つですが、この記事に記載されているように特徴が異なります。

購入時にメリットであったことでも、売却時にはデメリットになることもあることから、売却時を見据えつつ建売住宅にするのか、戸建住宅にするのか決めることが重要です。

建売住宅と注文住宅を比較すると、建売住宅はコンパクトな作りで万人受けするほか、売出価格も注文住宅より安価になるため、売却時も需要が高いと言えます。しかし、戸建住宅はマンションと比べると需要は低くなるのが一般的なので、より好条件で売却するには不動産会社に相談しながら売却を進めることが重要と言えるでしょう。

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む