• フリーダイヤル:0120-344-480
  • メール
メニュー

よくある質問

優遇税制にはどんなものがある?
居住用資産を売却した場合
不動産を売却した場合、譲渡の税金(所得税・住民税)がかかります。これは、購入価格から売却価格を引いたときに譲渡益(利益)が出た時にかかる税金になります。(建物は減価償却で計算しますので、購入時の価格は低くなります。)ただし、居住用資産の場合は3,000万円までの譲渡益(利益)は特別控除がありますので、実質ほとんどの取引で税金はかかりません。無料で資金計画書を作成していますので、お気軽にお申し付けください。
買い替え用のローンって、どんなもの?
売却価格より住宅ローンが多い場合
売却価格より住宅ローンが多い場合は、足りない金額を現金で用意しないと売却ができなくなります。そこで、一部の銀行では買い替えローンという商品を用意していて、足りない金額と買い替え物件の住宅ローンを一緒にすることができます。諸条件などはございますが、買い替えに一歩も二歩も近づきますよ!!
ローン残債が多いと買い替えはムリ?
そんなことはありません!!
売却価格よりローンが少ない場合は、ローン自体がたくさん残っていて問題ありません。その逆で、売却価格よりローンが多い場合は足りない金額を用意しないと売却ができなくなります。(銀行の抵当権が抹消できない為)そうなると・・・「足りない分の現金が用意できないと買い替えができないの?」そんなことはありません!その問題を解消する為に、一部の銀行では買い替えローンという商品を用意しています。諸条件はありますが、簡単に言うと、新しく購入する物件の住宅ローンと一緒にできるという商品です。買い替えのご相談も積極的に行っていますので、お気軽にお問い合わせください!
不動産の売却時にも税金はかかる?
かかるとき、かからないときがあります!
不動産を売却した場合、所得税・住民税がかかります。これは、購入価格から売却価格を引いたときに譲渡益(利益)が出た時にかかる税金になります。(建物は減価償却で計算しますので、購入時の価格は低くなります。)ただし、居住用資産の場合は3,000万円までの譲渡益(利益)は特別控除がありますので、実質ほとんどの取引で税金はかかりません。無料で資金計画書を作成していますので、お気軽にお申し付けください!
不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
仲介手数料・登記関係の費用・譲渡の税金など・・・
住んでいる資産を売却した場合は、仲介手数料・登記関係の費用・契約書に貼付する印紙代・所得税・住民税(ほとんどの取引で該当しません)などがかかります。住んでいない資産の場合は、所得税・住民税がかかる可能性があります。これは、購入価格から売却価格を引いたときにプラス(利益)が出た時にかかります。(建物は減価償却で計算しますので、実際の購入価格は低くなります。)その他、相続などケースバイケースに応じて、資金計画書を無料で作成していますので、お気軽にお申し付けください!
売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
ケースバイケースです!
売出し前にリフォームをすると、見た目がきれいになるので印象が良くなります。気を付けるポイントとしては、1、リフォーム代を先に支払うことになる。2、自分好みのリフォームをしたいお客様は対象外になる。3、リフォーム代と売却価格の設定によってはマイナスになる可能性がある。ちょっとしたリフォーム程度で印象が良くなるケースもありますので、お気軽にご相談ください!
買い手からの印象をよくするコツは?
第一印象が大切です!
ある程度の傷や汚れはどのお家でも必ずあります。お掃除で落ちるような汚れ、簡単に補修できるような傷は、ちょっと頑張っただけで見た目をよくできますし、整理整頓をするだけでもかなり印象がUPします!お庭に関しても、雑草を刈るだけでも大分違いますよ。自分が買うとしたら、どんなお家だったら?第一印象が大切ですよね!!
近所に内緒で売却することはできる?
ある程度はできます!
入居中のお家で、「お隣さんやご近所に内緒で売却をしたい!」というご希望がある場合があります。折込チラシなどに必ず掲載する事になっている住所(所在地)は、番地までは入れない為、お客様が住所を特定できないようになっています。しかしながら、通常売却時には間取り図を掲載しますので、間取りに特徴がある場合は、分かってしまうこともあります。他、ある程度の情報は掲載しなければいけないルールがある為、100%内緒は保証出来かねますが、ご希望に沿えるように売却してまいります。
売却価格は途中で自由に変更できる?
できます!!
売却の依頼を頂く場合、媒介契約書という書類にご署名・ご捺印を頂いてから、売却活動に入ります。契約書には売却価格が記載されており、不動産会社はこの価格で販売する形になります。もし、諸事情により、途中で価格を変更したい場合は、再度新しい価格で媒介契約書を頂き、広告などの販売も即変更させて頂きます。
買い取り制度ってどんなもの?
買主が当社になります!
通常は売却を依頼する場合、当社が仲介となって買主さんをお探しする形になります。広告などで<仲介>と記載されている物件が全てそうなります。お客様へのご紹介を始めとして、折込チラシやネット掲載、スーモマガジンなどへの掲載を無料で行い買主さんをお探しします。買い取りの場合、当社が買主になりますので、お客様をお探しすることはなくなります。お住み替えやお急ぎの場合以外でも、価格が折り合えば、買い取りは有効な売却方法の一つです。お気軽にご用命ください!
査定価格より高く価格設定しても売れる?
売れる場合もあります!
査定価格は、近隣相場や地価、物件の特性を考慮しながらご提示いたします。不動産会社からすると、売却できる最適価格をご提示できるように心がけていますが、査定させて頂いた物件が、実際に家を探しているお客様の希望条件にピッタリ合った、いわばベストタイミングが訪れた時は、査定価格より高く設定して売れる場合もあります!
査定はどうやって行う?
電話やメールでもOKです!
電話やメール・FAXなどの簡易査定と、直接お伺いさせて頂く訪問査定の2パターンございます。簡易査定の場合、気軽にできる反面、査定価格の信憑性は薄くなります。訪問査定の場合、査定価格がきちんと出ますが、不動産会社の担当者が査定物件にお伺いする形になります。売却時期や状況など、段階に合わせて使い分けてください!売却する理由がなくなるケースもありますし、お住み替えを止めるケースもありますので、気兼ねなく査定のご用命を頂ければと思っています!ちなみに査定は無料です!
査定価格の仕組みはどうなっている?
不動産会社の査定と、お客様のご希望で決まります!
売却のご依頼を頂いた際は、まず不動産を査定させて頂きます。近隣で売りに出ている事例や、実際に売れた事例、公示地価や物件の特徴などを考慮しながら査定価格をご提示いたします。そして、お客様が売りたいと思っていたご希望価格と、私たちの査定内容を比較検討しながら、売却価格を決定していきます。売るのはお客様なので、私たちの査定は売却価格を決める参考材料だと思ってください!査定は無料ですので、お気軽にご用命ください!!
売却価格はどうやって決まる?
不動産会社の査定と、お客様のご希望で決まります!
売却のご依頼を頂いた際は、まず不動産を査定させて頂きます。近隣で売りに出ている事例や、実際に売れた事例、公示地価や物件の特徴などを考慮しながら査定価格をご提示いたします。そして、お客様が売りたいと思っていたご希望価格と、私たちの査定内容を比較検討しながら、売却価格を決定していきます。売るのはお客様なので、私たちの査定は売却価格を決める参考材料だと思ってください!査定は無料ですので、お気軽にご用命ください!!
不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
可能です。注意ポイントあり!
不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能です。複数回売買を継続する場合は法律に触れますが、例えば、自宅を買う人を自分で見つけた場合は、直接売買することは可能です。では、なぜ不動産会社を通すのか?不動産会社は宅地建物取引業という許認可業で、不動産を取引する上での様々な知識や法律に熟知しています。物件をきちんと調査して、重要事項説明書や売買契約書などの書類の作成やご説明をしています。契約後やお引き渡し後のトラブルを防ぎ、安全かつ安心した売却が可能になります。上記ポイントにご注意を!
営業マンについて希望を言ってもいい?
もちろん大丈夫です。遠慮なくご用命ください。
当社のスタッフは全員話しやすく、何でもご相談頂けるように心がけています。ただ、年齢や経験・相性など、お客様のご希望に添えないケースもあると思います。医療にセカンドオピニオンがあるように、不動産もお客様が選ぶことによって、安心して任せることができると思っています。遠慮なくご用命ください!
同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
もちろん大丈夫です!
売却価格はもちろんのこと、「どの会社に売却を依頼しようか?」「担当者は?」その全てを選ぶのはお客様です。私たちは「この会社に任せてよかった!」「この担当者に任せて良かった!」と言って頂けることが一番の喜びであり、大切な資産の売却がスムーズにできるように、お客様の状況に合わせた売却のサポートを心がけています!
不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
大きく3種類あります。
不動産の売却を依頼する際、1社に売却を依頼する(専任媒介契約・専属専任契約)と、複数社に売却を依頼する契約(一般媒介契約)があります。売却の依頼を頂く私たちにとっては、「当社1社にぜひ!」となりますが、売却のご理由や状況によっては複数社(一般媒介契約)のほうがいい場合もあります。お客様に合った最適なご提案をさせて頂きます!!
不動産会社はどんなことをしてくれるの?
売却に関すること、全て無料でご相談に応じています!
査定・物件調査・ネット掲載・折込チラシ・スーモマガジンの掲載・お住み替え先のご紹介・引っ越し屋のご紹介・リフォーム・住宅ローンのご紹介・資金計画書の作成・売却に関する税金(顧問税理士に相談)・etc・・・。不動産売買のことなら全て無料でご相談に応じております!お気軽にお問い合わせください!!
不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
物件待ちのお客様へのご紹介・チラシやネット広告・スピード買取などなど!
売るときには色々なご事情があると思います。転勤・買い替えなどで少しでも早く売却をしたいケースも多くあります。急いで売りたい場合は、(1)いち早く購入希望のお客様に情報をお伝えする(当社には物件待ちのお客様が多数おります)(2)スピード買取(現金買取)で売却する。当社ではお急ぎでも”大切な資産の売却”という気持ちを忘れず、最適な売却のご提案をさせて頂きます!
持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
家が売れない理由は?家やエリアの良さは?
「売却に出しているのに中々売れない・・・」「なぜ売れないんだろう?」価格や条件などで売れないケースもありますが、その家の良さやエリアの良さをお客様に伝えきれていないケースもあります。当社では、ただ売却物件としてご紹介するだけでなく、住んでいるお客様以上に詳しくなり、その良さをご提案できるように心がけています!ぜひ一度ご相談ください!
住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
早ければ1ヶ月で・・・
売却がスムーズに契約となり、お住み替え先も完成物件の場合は、早ければ1ヶ月で入居完了という場合もありますが、通常は売却期間や購入先の建築状況などがあり、3ヶ月~6ヶ月位が多いように感じます。物件や条件を考慮しながら、最適なアドバイスをさせて頂きます。お気軽にご相談ください!お急ぎの場合はスピード買取も行っています。
不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
イメージ的には年度末の3月ですが・・・
不動産が一番動く時期と言われているのが3月の年度末です。入学・卒業・就職・転勤などお引越しが多い時期でもありますね。では、売却しやすい時期は?突然の転勤などで急きょ家探しというケースもありますが、どちらかというと、3月末までお引越しができるように余裕をもって探したり、お子様を考慮して(馴染ませるため)少し早めにお引越しをしたりというケースが多いように感じます。エリアや条件によっては、今ご希望のお客様がいる場合もございますので、お気軽にご相談ください!
「売却」が先?それとも「購入」が先?
ケースバイケースでご対応させて頂きます
「今の家を売却したけど欲しい家が見つからなかった・・・」これではせっかくのお住み替えが台無しですよね!「欲しい家が見つかったけど今の自宅が売れなくて住み替えができない・・・」こういうケースもあります。お住み替えの場合、1件目の購入と違いたくさんの理由や状況が出てきます。ケースバイケースで最適なお住み替えができるようにアドバイスをさせて頂きたいと思っています!

キャンペーン

お客様の声

SNS

よくある質問

店舗案内

会社案内

お客様の声

SUUMO スーモ クチコミ

キャンペーン

よくある質問