仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却コラム

不動産は査定が重要!査定方法について解説

公開:2020/04/05更新:2020/06/25

不動産を売却する際は、いくらで売り出すのかを決める必要があります。価格が高ければなかなか買い手が見つからず、低ければ損をするので注意が必要です。

そこで適正な売出価格を決める上で重要なのが不動産の査定です。

この記事では、不動産の査定方法やそれぞれのメリットとデメリットについて解説します

不動産の査定とは

不動産の査定とは、いくらで売れそうなのかを不動産会社に調べてもらうことを一般的に言います。

不動産の査定方法は大きく2つ

不動産の査定方法は大きく分けて2つです。

・簡易査定(机上査定)

・訪問査定

それぞれの査定方法の違いについて見ていきましょう。

不動産の査定方法①:簡易査定(机上査定)

簡易査定とは、物件の内容や過去の取引実績といったデータから査定をする方法です。現地に行かずにその場で調べることから机上査定とも言われています。

物件の場所、住環境、土地の広さ、建物の大きさ、築年数、間取り、近隣で売れた物件などをベースに査定額を算出します。

不動産の査定方法②:訪問査定

訪問査定とは、土地や建物に訪問して査定をする方法です。

簡易査定の内容に加えて、土地の高低差や隣地との関係、道路の状況、境界の杭、建物の状況や程度、リフォーム箇所、間取りの使い勝手、ロケーションなど、物件の詳細を確認して価格を算出するため、査定の精度が高いと言えます。

不動産の簡易査定のメリット・デメリット

不動産会社に査定を依頼するにあたり、簡易査定、訪問査定のどちらを選ぶべきでしょうか?

どちらを選ぶべきなのか判断する上でポイントとなるのが双方のメリットとデメリットです。ここでは、簡易査定のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット デメリット
簡単に相場を知ることができる 査定結果の精度が低い

簡易査定のメリット:簡単に相場を知ることができる

簡易査定の最大のメリットは簡単に相場を知ることができるという点です。

簡易査定の場合は、物件の現地には直接行かず、事務所で査定を行うのが一般的のため、早ければその日のうちに査定価格を知ることができます。

いくらで不動産が売れるのかというおおよその価格を知りたいのであれば、簡易査定を選んだ方が良いと言えるでしょう。

簡易査定のデメリット:査定結果の精度が低い

簡易査定のデメリットは査定結果の精度が低いことです。

簡易査定の結果は、近隣で売りに出ているの物件、過去の取引実績に基づいて算出されるケースがほとんどです。売却予定の不動産の現地を確認したわけではないため、査定結果の精度が低くなるデメリットがあります。

そのため、簡易査定後に訪問査定を行うと査定価格が変わることがあります。実際に不動産の売却を検討しているのであれば、簡易査定ではなく訪問査定を選ぶ方が良いと言えるでしょう。

不動産の訪問査定のメリット・デメリット

簡易査定には、簡単に相場を把握できるメリット、査定結果の精度が低いデメリットがありました。それでは、訪問査定には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

訪問査定のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット デメリット
査定結果の精度が高い 査定に手間がかかる
担当者の人柄が分かる 周囲に知られる可能性がある

訪問査定のメリット①:査定結果の精度が高い

訪問査定のメリットは、査定結果の精度が高いことです。

訪問査定は現地で査定を行います。査定結果には、土地の高低差や隣地との関係、道路の状況、境界の杭、建物の状況や程度、リフォーム箇所、間取りの使い勝手、ロケーション、日当たりや騒音といった住環境なども反映されます。そのため、訪問査定の精度は簡易査定よりも高くなるのが一般的です。

訪問査定の査定結果を売出価格に設定した場合、簡易査定の査定結果を設定した場合よりも乖離が生じにくいと言えます。

そのため、不動産がいくらで売れるかをより正確に知りたい、実際に不動産の売却を検討している場合は、簡易査定よりも訪問査定を選んだ方が良いと言えるでしょう。

訪問査定のメリット②:担当者の人柄が分かる

訪問査定の場合、担当者の人柄が分かるのもメリットです。

簡易査定の場合、電話やメールだけでのやり取りが一般的なので、担当者の人柄を知ることができません。しかし、訪問査定の場合は担当者と会うことができるので、どのような人柄か知ることができます。

不動産の売却を本格的に検討している方は、簡易査定だけでなく訪問査定で担当者の人柄を知っておいた方が良いと言えるでしょう。

訪問査定のデメリット①:査定に手間がかかる

簡易査定では、近隣の売れた事例や取引実績に基づきながら価格を算出するため、売却を検討している方は査定に手間がかかりません。しかし、訪問査定では、不動産会社の担当者が現地を確認するので査定に手間がかかるデメリットがあります。

そのため、おおよその相場を知りたい場合などは、手間がかからず結果が出る簡易査定を選びましょう。

訪問査定のデメリット②:周囲に知られる可能性がある

簡易査定では査定の担当者は現地を訪れませんが、訪問査定では必ず現地確認を行います。そのため、査定している様子を近隣住民の方が見て、売却の検討を知られる可能性があります。

査定担当者の車に不動産会社の社名が入っているケースもあるので、周囲に知られたくないときは事前に確認しておくといいでしょう。

まとめ

不動産の査定とは
・いくらで売れそうなのかを不動産会社に調べてもらうこと

不動産の査定方法は大きく分けて2つ
・簡易査定(机上査定)
・訪問査定

簡易査定のメリット
・簡単に相場を知ることができ

簡易査定のデメリット
・査定結果の精度が低い

訪問査定のメリット
・査定結果の精度が高い
・担当者の人柄が分かる

訪問査定のデメリット
・査定に手間がかかる
・周囲に知られる可能性がある

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む