仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産の売却では査定結果が重要!査定方法について解説

公開:2020/04/05更新:2020/05/04

不動産を売却する際は、不動産をいくらで売り出すのかを決めなくてはなりません。もし、適当に決めた売出価格が周辺相場よりも高ければなかなか買い手が見つからない、低ければ損をするので注意が必要です。

そこで正しい売出価格を決める上で重要なのが不動産の査定です。

この記事では、不動産の査定方法やそれぞれのメリットとデメリットについて解説します。

不動産売却の査定とは

不動産を売却すると言っても自分で買い手を見つけることは困難です。そのため、不動産の売却を行う際には、不動産の専門家である不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

仲介を依頼する場合は、自分で自由に売出価格を決めることができます。しかし、売出価格が周辺相場よりも高いと買い手がなかなか見つかりにくい、低いと損をするため、適正な売出価格を決めなくてはなりません。

そこで登場するのが査定です。査定とは、いくらで不動産が売れそうなのかを不動産会社に調べてもらう調査です。査定結果を踏まえた上で売出価格を決めれば、周辺相場より高い・低いといったトラブルを防ぐことができるでしょう。

不動産売却の査定方法は大きく2つ

不動産の査定方法は1つではありません。不動産の査定方法は以下の2つに分類されます。

・簡易査定(机上査定)

・訪問査定

それぞれの査定方法の違いについて見ていきましょう。

不動産売却の方法①:簡易査定(机上査定)

簡易査定とは、現地に行って不動産の現状を確認せずに、過去の取引実績といったデータから査定結果を算出する方法です。現地に行かずにその場で調べることから机上査定とも言われています。

物件の所在地や土地の広さ、建物の大きさ、マンション、一戸建て、築年数や間取りなどの情報を踏まえつつ、類似物件の売出価格や約定価格に基づきながら算出します。

不動産売却の方法②:訪問査定

訪問査定とは、現地に行かない簡易査定とは異なり、実際に現地に行って算出する方法です。簡易査定は類似物件の売出価格や約定価格に基づいていますが、訪問査定は実際に売却を予定している物件の価格を算出するため、査定の精度が高いと言えます。

売出価格を決める際は、より実態に近づける必要があるため、簡易査定ではなく訪問査定の結果を用います。

不動産の簡易査定のメリット・デメリット

不動産会社に査定を依頼するにあたり、簡易査定、訪問査定のどちらを選ぶべきなのか分からずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

どちらを選ぶべきなのか判断する上でポイントとなるのが双方のメリットとデメリットです。簡易査定のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット デメリット
簡単に相場を知ることができる 査定結果と売却価格に乖離が生じやすい

不動産簡易査定のメリット:簡単に相場を知ることができる

簡易査定のメリットは簡単に相場を知ることができるという点です。不動産会社の査定担当者は、現地に行って不動産の現状を確認しません。事務所で査定を行うため、その日のうちに査定結果を知ることが可能です。

また、現地に足を運ばないということは、不動産会社が不動産の中に入ることはないため、部屋を片付ける手間や不動産会社と現地確認の日程調整といった手間を省くことができます。

そのため、いくらで不動産が売れるのかというおおよその価格を知りたいのであれば、簡易査定を選んだ方が良いと言えるでしょう。

不動産簡易査定のデメリット:査定結果と売却価格に乖離が生じやすい

簡易査定で得られた査定結果は、類似物件の売出価格や約定価格に基づいて算出されたものです。実際に売却予定の不動産を確認したわけではないため、査定結果の精度が低いというデメリットがあります。

そのため、簡易査定で得られた査定結果に基づいて不動産の売出価格を設定しても、実際に売買が成立した売却価格との乖離が生じる可能性が高いと言えます。

リフォームや修繕などを行って類似物件よりも優れていれば損をし、類似物件よりも劣っていればなかなか買い手を見つかりません。簡易査定の査定結果と売却価格は差が生じやすいため、実際に不動産の売却を検討しているのであれば、訪問査定を選ぶ方が良いと言えるでしょう。

不動産の訪問査定のメリット・デメリット

簡易査定には、簡単に相場を把握できる、査定結果と売却価格を比べると乖離が生じやすいなどのメリットとデメリットがありました。訪問査定には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

訪問査定のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット デメリット
査定結果と売却価格に乖離が生じにくい 査定に手間と時間がかかる
担当者の人柄を知ることができる 周囲に売却がバレる可能性がある

不動産訪問査定のメリット①:査定結果と売却価格に乖離が生じにくい

訪問査定では、現地で査定を行います。査定結果には、日当たりや騒音といった住環境、不動産の修繕状況などが反映されるため、訪問査定の精度は簡易査定よりも高くなるのが一般的です。

訪問査定の査定結果を売出価格に設定した場合、簡易査定の査定結果を設定した場合よりも乖離が生じにくいと言えます。

そのため、不動産がいくらで売れるかをより正確に知りたい、実際に不動産の売却を検討している場合は、簡易査定よりも訪問査定を選んだ方が良いと言えるでしょう。

不動産訪問査定のメリット②:担当者の人柄を知ることができる

簡易査定の場合、電話やメールだけでのやり取りが一般的なので、査定担当者の人柄を知ることができません。

しかし、訪問査定の場合、査定担当者が実際に不動産を訪れるため、どのような人柄か知ることができます。

査定を行った不動産会社に売却の仲介を依頼する場合には、付き合いが長くなります。そのため、不動産会社の担当者の人柄を知っておくことは重要です。

不動産の売却を視野に入れている場合、訪問査定で担当者の人柄を知っておいた方が良いと言えるでしょう。

不動産訪問査定のデメリット①:査定に手間と時間がかかる

簡易査定では、類似物件の売出価格や約定価格に基づきながら算出するため、査定に手間と時間がかかりません。しかし、訪問査定では、現地確認が必要なので手間と時間がかかります。

査定担当者と依頼者のスケジュールがうまく合わない場合には、査定結果を得られるまでの時間がさらにかかってしまいます。

そのため、少しでも早くおおよその相場を知りたい場合、訪問査定は適していませんおおよその相場を知りたいだけの場合には、すぐに結果が出る簡易査定を選びましょう。

不動産訪問査定のデメリット②:周囲に売却がバレる可能性がある

簡易査定では査定担当者が現地を訪れません。しかし、訪問査定では査定担当者が必ず現地確認を行います。そのため、査定担当者が訪れているのを近隣住民に目撃された場合には、周囲に売却がバレる可能性があるので注意が必要です。

必ずバレるわけではありませんが、たまたま査定担当者が訪れているのを目にして詮索されるのが嫌な人には訪問査定をあまりおすすめしません。実際に売却を進める際は、内覧や広告で最終的にバレますが、まだ検討段階で周囲にバレたくないという人は、訪問査定より簡易査定を選んだ方が良いと言えるでしょう。

まとめ

不動産売却で不動産会社に仲介を依頼した場合には、売り手が自由に売出価格を決めることが可能です。しかし、自由に決められると言っても、相場より高ければなかなか買い手が見つからない、低ければ損をするので売出価格をしっかり決める必要があります。

そこで重要なのが不動産査定です。不動産査定では、不動産がいくらで売れるのかを不動産会社が調べてくれます。不動産査定の方法は簡易査定と訪問査定の2種類ありますが、どちらもメリットとデメリットがあります。

この記事に書かれている簡易査定と訪問査定のメリットとデメリット、何のために査定を行うのかという目的を確認しながら自分に合う査定方法を選びましょう。

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

お客様の声

SNS

よくある質問