仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト

仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産購入コラム

新築一戸建ての情報はどうやって得るのがいいのか?情報を得る方法を解説

新築一戸建ての購入を考えている人の中には、どのような手段で情報を得ればいいのか分からずにいる人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、新築一戸建ての情報を得る方法について解説します

新築一戸建ての5つの情報収集方法

新築一戸建ては簡単に買い替えることができないため、しっかりと情報を得てから購入する必要があります。新築一戸建ての情報収集の方法は複数あるため、それぞれの特徴を理解した上で自分に合う情報収集の方法を選ぶことが重要です。

 

情報を得る方法にはいくつかあり、1社だけの情報を収集する方法もあれば複数社の情報を収集する方法もあるなどそれぞれ異なるため、違いをよく理解することが重要です。

 

新築一戸建ての情報収集方法には、以下の5つの方法が挙げられます。

 

新築一戸建ての5つの情報を得る方法
①折り込みチラシ・ポスティング
②不動産会社を訪問する
③モデルハウスを見学する
④住宅展示場に足を運ぶ
⑤不動産ポータルサイトで調べる

 

それぞれの情報収集方法について詳しく見ていきましょう。

情報収集方法①:折り込みチラシ・ポスティング

折り込みチラシやポスティングの場合、自分で情報収集を行う必要がありません。チラシに目を通すだけで、新築一戸建てや建売の情報を得ることが可能です。

 

しかし、チラシは物件の掲載件数に限りがあるため、希望する全ての新築一戸建て情報を得られるわけではありません。また、インターネットより時間が掛かるため、折り込みチラシやポスティング時には既に成約している可能性があります

情報収集方法②:不動産会社を訪問する

不動産会社に訪問すれば、チラシ掲載前や掲載されていない新築一戸建てや建売情報が得られる可能性があります。

 

しかし、不動産会社が近くにない場合には、わざわざ不動産会社を訪れなくてはなりませんスケジュールの調整がなかなかできず、ようやく不動産会社を訪問できた時には、魅力的な新築一戸建てが既に成約していたというケースも考えられるので注意が必要です

情報収集方法③:モデルハウスを見学する

区画一帯をハウスメーカーや工務店などが買い取って建売住宅を販売しているケースでは、区画の中にモデルハウスを建てている場合があります。

 

近くにモデルハウスがある場合はそのモデルハウスを見学すれば、どのような物件なのか、どの区画に建物を建てるのかといった情報を得ることが可能です。

 

しかし、モデルハウスの見学は1社だけの情報に限られます。たくさんの新築一戸建ての情報を得たい時には、あまり適していないと言えるでしょう

情報収集方法④:住宅展示場に足を運ぶ

住宅展示場とは、多くのハウスメーカーや工務店が集まってモデルハウスを展示している会場です。住宅展示場に足を運べば、新築一戸建てを見学することができます。

 

しかし、モデルハウスは建物が大きく、仕様も最上級の商品が使われていることがほとんどのため、実際に建てるのが予算的に厳しいケースが多くあります。また、予算を希望通りにするために、立地を希望ではない郊外にした結果、住んでから後悔することもあるので注意が必要です。

情報収集方法⑤:不動産ポータルサイトで調べる

不動産ポータルサイトとは、複数の不動産会社が物件情報を掲載しているサイトでSUUMO、アットホーム、ホームズなどが主に使われています。不動産ポータルサイトのメリットは掲載されている物件数の多さです。特にSUUMOは掲載件数NO,1のため、たくさんの新築一戸建てや建売住宅に出会えることが期待できます。写真数やコメントも充実しているので、物件見学や相談をする前にかなりの情報を得ることができるのも大きなメリットです。

 

また、SUUMOはお客様の感想(カスタマーレビュー)を積極的に掲載しています。不動産会社別のレビュー数や星マーク評価もあるので、その会社に相談した方の感想や対応を見てからお問い合わせができます。理想の新築一戸建てや建売住宅に出会うのはもちろん、信頼できる不動産会社選びも大切です。

新築一戸建ての情報収集前に押さえる4つのポイント

新築一戸建ての購入を進める際に、ただ情報収集を行えばいいというものではありません。何も決めずに情報収集を行っても、手間と時間がかかるだけです。

 

無駄な手間と時間を省くには、情報収集前に押さえるポイントを確認してから情報収集を行うことが重要です。新築一戸建ての情報収集前に押さえておくべきポイントには、以下の4つが挙げられます。

 

・エリア・最寄駅
・予算
・広さ・間取り
・居住環境

 

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

情報収集のポイント①:エリア・最寄駅

新築一戸建てを購入する目的が通勤や通学に便利な場所に新居を構えたいという理由だと、それに応じたエリアや最寄駅に縛って情報収集を行います。

 

また、子供の進学に合わせて新居を構える場合、学校の校区や距離などを踏まえながら情報収集を行う必要があります。このように、購入動機によってエリアや最寄駅が異なるため、情報収集前に明確にしておきましょう。

情報収集のポイント②:予算

駅からのアクセスが良いエリアや部屋数が多く広い庭がある新築一戸建てを購入したいと思っていても、予算を超えている場合には情報収集を行う意味がありません。

 

情報収集を行う際には、どのくらいの予算があって住宅ローンでどのくらい補えるのかを明確にしておけば、情報収集を行う新築一戸建ての条件を絞ることができるでしょう。

情報収集のポイント③:広さ・間取り

新築一戸建てを購入する目的が結婚や子供の出産による家族構成の変化による理由だと、広さや間取りを考慮しながら新築一戸建てを探す必要があります。

 

部屋数はどのくらい必要なのか、1つの部屋あたりの広さはどのくらいなのかなどの条件を明確にすれば、予算といった他のポイントも踏まえながら条件を絞って情報収集を行えるでしょう。

情報収集のポイント④:居住環境

新築一戸建てを購入する目的が居住環境の改善の場合には、居住環境に重点を置く必要があります。例えば、小さな子供がいるため、閑静な住宅街に住みたい、近くに公園があると良いといった希望条件がある場合は、それらを明確にしておくことをおすすめします。

 

それらを踏まえながら情報収集を行った場合、目移りしにくくなるため、目的に合った新築一戸建てをよりスムーズに見つけやすいと言えるでしょう。

まとめ

新築一戸建ての購入をスムーズに行う、物件選びでの失敗を未然に防ぐためには、しっかり情報収集を行うことが重要です。しかし、情報収集を行うと一口に言っても、情報収集には多くの方法があるため、それぞれの違いを理解した上で選ぶ必要があります。

 

この記事には、新築一戸建ての情報収集の方法をまとめています。情報収集前のポイントも記載しているため、記事内容をよく確認してから新築一戸建ての情報収集を進めることで、自分の条件に合う新築一戸建てをよりスムーズに見つけられるでしょう

一覧に戻る