仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産購入コラム

【不動産購入完全ガイド】不動産購入の流れを覚えよう

不動産の購入にはいくつかのステップがあり、各ステップに押さえておくべきポイントがあります。

 

これらのポイントをしっかり押さえておかないと、購入がスムーズに進まない、物件選びを誤ってしまうなどの

トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

 

この記事では、不動産購入の8つのステップと各ステップで押さえておくべきポイントを解説しております。

購入をご検討の前に是非ご参考ください。

 

不動産購入の8つの流れを押さえよう

初めて不動産を購入する人の中には、不動産購入のおおまかな流れは分かっているものの、

詳細は分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

「不動産購入の流れが分からなくても、不動産会社に任せておけば問題ない」と考えている人も多いかもしれませんが、自分で行わなくてはならないこともいくつかあるため、問題ないと一概に言い切れません。

 

流れを把握していないまま不動産購入を進めると、購入がスムーズに進まない、物件選びを誤って購入してから後悔する可能性もあります。そのため、不動産購入を成功に導くには、不動産購入の流れを事前にしっかり把握し、各ステップのポイントを押さえながら購入に臨むことが重要と言えます。

 

不動産購入の8つの流れと各ステップの押さえておくべきポイントを見ていきましょう。

不動産購入の流れ

  • 【不動産購入の流れ1】購入計画・情報収集

    【不動産購入の流れ1】購入計画・情報収集

    不動産購入の最初のステップは、購入計画と情報収集です。いきなり物件選びを始めても、どのような物件を選べば良いのか分かりません。そのまま物件選びを進めても、時間だけが過ぎる、物件選びを誤る可能性が高いため、まずは購入動機を明確にすることが重要です。 例えば、進学や転勤に合わせて購入する場合は、いつまでに購入しなければならないという期日が決まっているため、逆算してしっかりと購入計画を立てなくてはなりません。また、家族構成の変化や居住環境の改善を目的として購入する場合は、条件に合った物件を選ぶ必要があります。 購入動機を明確にすれば、どのような物件を選べば良いか、いつまでに購入すれば良いかが分かるため、その後のステップをスムーズに行いやすくなるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ2】購入相談

    【不動産購入の流れ2】購入相談

    不動産購入をスムーズに進める、失敗を未然に防ぐには、不動産会社への相談が必要不可欠です。しかし、不動産会社であればどの不動産会社に相談しても良いわけではありません。 どの不動産会社に相談するかで購入結果に差が生じるため、不動産会社選びをしっかりと行うことが重要です。 例えば、上手に情報を引き出してくれる、物件のメリットだけでなくデメリットもしっかり提示してくれる不動産会社を選べば、購入がスムーズに進む、物件選びで失敗するリスクを少しでも抑えられるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ3】資金計画

    【不動産購入の流れ3】資金計画

    不動産の購入では、自己資金だけでは購入資金を補い切れないため、住宅ローンを契約して購入するのが一般的です。住宅ローンの審査に通って、無事に融資を受けることができれば、購入資金の心配をせずに済むと思っている人も多いと思います。 しかし、不動産を購入する際は物件の購入代金だけでなく、不動産会社に支払う仲介手数料、売買契約書に貼付する印紙税といった手数料や税金もかかります。 住宅ローンを契約できると言っても、全額の融資を受けることができるとは限らないため、事前にある程度の購入資金を確保しておくことが重要と言えるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ4】物件紹介・現地見学

    【不動産購入の流れ4】物件紹介・現地見学

    購入計画や資金計画といった準備が整った後は、物件選びに移ります。物件を探す方法には自分で探す、不動産会社に探してもらうなどいくつか方法があるため、自分に合った方法を選ぶことが重要です。 また、いくつか候補を絞った後は、写真や説明だけでは詳細が分からないため、現地見学を行います。現地見学は唯一物件をしっかりと確認できるチャンスです。チェックポイントを押さえながら現地見学を行えば、物件選びで失敗するリスクを抑えられるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ5】購入申込・売買契約の締結

    【不動産購入の流れ5】購入申込・売買契約の締結

    購入申込・売買契約の締結は、書類をいくつか提出する、支払いを求められるため、事前にどのような書類を準備すればいいか、いくら資金を確保しておけばいいか確認することが重要です。 購入申込・売買契約の締結まで到達すると、後は契約を交わすだけと気が緩みがちですが、契約書の内容を確認しないまま契約を締結すると、トラブルに発展する可能性があります。 売買契約を締結してから後悔しないためにも、重要事項説明書や売買契約書の内容をよく確認してから契約を締結することが必要不可欠と言えるでしょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ6】住宅ローンの申込

    【不動産購入の流れ6】住宅ローンの申込

    住宅ローンと一口に言っても、住宅ローンを提供している機関は多数あるため、それぞれの違いを事前に理解しておくことが重要です。 また、各機関が提供している住宅ローンは適用されている金利の種類が異なります。選んだ金利によっては、返済額が増えてしまう可能性があるため、それぞれの違いを理解した上で契約することが重要です。 住宅ローンの審査が完了しなければ、次のステップに進むことができないため、スムーズに手続きを進めることを心がけましょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ7】残金決済・物件の引渡し

    【不動産購入の流れ7】残金決済・物件の引渡し

    売買契約から1ヶ月程度経過してから物件の引渡しが行われます。その間に売買契約書に記載されている内容と現状が異なっている可能性があるため、物件の引渡しを受ける前にしっかり物件の最終確認を行うことが重要です。 残金決済・物件の引渡しのステップは、購入申込・売買契約と同様、書類の提出や支払いを求められます。そのため、どのような書類の準備や資金をいくら確保しておけばいいのかを事前に確認しておくことが重要です。 特に残金決済・物件の引渡しは、売り手と買い手だけでなく、融資を実行する機関や物件の登記を行う司法書士なども集まるため、不備があると多大な迷惑をかけることになるので注意しましょう。

    詳しくはこちら
  • 【不動産購入の流れ8】引越し・入居

    【不動産購入の流れ8】引越し・入居

    引渡し後の物件への居住をスムーズに開始するためには、引渡しに向けて引越しや入居の準備を事前に進めておくことが重要です。 特に引越し業者の手配は、繁忙期と重なった場合はなかなか手配できない、費用が高くなる可能性があるため、引渡し日が決まってからすぐに手配することをおすすめします。 他にも、役所への転出届や転入届の提出、郵送物の転送手続き、水道・ガス・電気といったライフラインの閉栓や開栓の手続きなど、数多くの手続きを行わなくてはなりません。 手続きに漏れがあった場合には、引渡し後の物件への居住をスムーズに開始できないため、いつまでにどのような準備や手続きを行う必要があるのか確認しておきましょう。

    詳しくはこちら
  • 新築一戸建てを購入する時の重要なポイントとは?

    新築一戸建てを購入する時の重要なポイントとは?

    新築一戸建ての購入を考え始めたため物件情報を見ている…

    詳しくはこちら

まとめ

不動産購入は不動産会社に相談しながら進めることができます。そのため、不動産会社に全てを任せておけば問題ないと思っている人も多いと思います。

 

しかし、自分で行わなくてはならないこともいくつかあり、それらを理解できていないまま購入に臨んだ場合は、購入がスムーズに進まない、物件選びを誤ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

この記事には、不動産の購入の8つのステップと各ステップで押さえておくべきポイントをまとめています。各ステップをクリックすれば、押さえておくべきポイントをさらに詳しく知ることができます。各ページを確認してから不動産購入に臨むことで、正しい順序と流れが把握できます。少しでも失敗するリスクを抑えながら堅実な成功へと導くことができるのではないでしょうか。