仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却コラム

査定価格が不動産売却の成功を決める?査定価格について解説

公開:2020/05/19

不動産売却を行う場合は、まず不動産会社に査定を依頼しますが、査定結果は不動産売却の成功を左右する売出価格を決める重要な判断材料となります。

しかし、査定結果に物件情報がしっかり反映されていない可能性もあるため、不動産会社に査定を依頼する際はポイントを押さえた上で依頼することが重要です。

この記事では、不動産売却における査定価格について解説します

査定価格が不動産売却の成功を決める

不動産の売却を行う際は、まず不動産会社に査定を依頼します。得られた査定結果を確認すれば、不動産がどのくらいの価格で売れるかという相場が分かるため、売出価格を決めやすくなります。

売出価格を自分の考えだけで決めた場合、売出価格と相場の乖離が大きいと不動産売買が失敗する可能性が高くなるので注意が必要です。

例えば、相場より売出価格を低く設定した場合には買い手がスムーズに見つかりますが、相場より安く売却するので損をします。

相場より高く設定すると、なかなか買い手が見つかりません。値下げして売却することになるのでスムーズに売却を進めることができなくなります。

そのため、不動産売却を成功に導くには、不動産会社の査定結果が必要不可欠と言えるでしょう

不動産売却における査定価格の6つのポイント

不動産売却を成功へと導くためには、不動産会社の査定結果が必要不可欠と言いましたが、不動産会社に査定を依頼して査定結果さえ得られれば何でも良いというわけではありません

不動産会社に査定を依頼する際は、以下の6つのポイントを押さえた上で行うことが重要です。

不動産売却における査定価格の6つのポイント
①複数の不動産会社に依頼する
②規模の異なる会社を選ぶ
③過去の取引価格と比較する
④現在の相場と比較する
⑤机上査定は多めに依頼する
⑥訪問査定の数を絞る

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

査定価格のポイント①:複数の不動産会社に依頼する

不動産会社に査定を依頼する際は、1社だけに依頼してもあまり意味がありません。その理由は、査定を依頼した1社の査定価格が正確なのかどうかが分からないためです。

不動産会社が査定対象の物件の価値を正確に査定に反映できておらず、相場よりも安い査定価格を出して、気づかずにそのまま売却を進めると損をします。また、仲介手数料を得るために、わざと相場よりも高い査定価格を提示する不動産会社もいます。

査定価格が正確かどうか判断するためには、複数の不動産会社に査定を依頼することが重要です。複数の不動産会社の査定価格から平均値を算出すれば、相場と売出価格の乖離を小さく抑えられるでしょう

査定価格のポイント②:規模の異なる会社を選ぶ

複数の不動産会社に査定を依頼すると言っても、規模の似た不動産会社に査定を依頼してもあまり意味がありません。複数の不動産会社に査定を依頼する場合は、規模の異なる不動産会社に査定を依頼することをおすすめします

その理由は、規模の異なる不動産会社の場合、査定結果に差が生じやすいためです。例えば、大手不動産会社は営業力が高いため、地方密着型の不動産会社よりも高い査定価格を提示する可能性があります。

しかし、地域密着型の不動産会社は、地域の特性をしっかり理解しており、独自のネットワークで買い手を探すという強みを活かして、大手不動産会社よりも高い査定価格を提示する可能性も。

規模の異なる不動産会社に査定を依頼するメリットは、それぞれの良さを踏まえながら正確な売出価格を決めやすくなるということです。仲介依頼する不動産会社を選ぶ参考にもなるため、規模の異なる会社に査定を依頼することは重要なポイントと言えるでしょう

査定価格のポイント③:過去の取引価格と比較する

不動産会社の数が少なく、売出価格を決める根拠となる査定価格が少ない場合、過去の類似物件の取引価格と比較して相場との乖離がないか調べるという方法があります。

過去の取引価格と比べる際は、レインズマーケットインフォメーションや土地総合情報システムを活用します。レインズマーケットインフォメーションとは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営するサイトです。直近1年間に売買された価格情報を検索できます。

土地総合情報システムとは、国土交通省が不動産を取引した人を対象に実施したアンケート結果をデータベース化したサイトです。しかし、あくまでもアンケート結果なので、信憑性という点ではレインズマーケットインフォメーションに劣るという点に注意が必要です。

これらの取引結果と査定価格を比較すれば、査定価格が適正かどうかを判断できるでしょう

査定価格のポイント④:現在の相場を比較する

過去の取引価格と比較する方法以外にも、現在の類似物件の相場と比較して相場との乖離がないか調べるという方法もあります。

現在の相場と比較するには、SUUMOやHOME’Sといった不動産ポータルサイトで類似物件の売出価格をチェックします。

過去の取引価格や現在の相場と査定価格を比較する際に注意しなければならないのが、あくまでも類似物件の取引価格や査定価格であるという点です。

立地条件がほぼ同じで広さが似ていても、物件の劣化状況が大きく異なる場合もあります。また、デベロッパーや建築会社の違うと、取引価格や査定価格に差が生じるので注意が必要です。

類似物件の過去の取引価格や現在の相場は、乖離が大きい可能性があるため、得られた査定価格が少なく、売出価格を決める根拠が少ない場合の1つの補助資料と言えるでしょう

査定価格のポイント⑤:机上査定は多めに依頼する

机上査定とは、不動産会社が過去の取引実績や周辺の類似物件の相場などから査定を行う査定方法です。現地を訪れて実際に物件を確認しない簡単な査定方法なので簡易査定とも呼ばれています。

机上査定のメリットは、不動産会社が現地確認に訪れないため、日程の調整や部屋の片付けなどの手間や時間を省くことができるという点です。

しかし、机上査定には物件の劣化状況や周辺環境など細かな情報が反映されていないため、実際の価値と査定価格に乖離が生じやすいというデメリットが挙げられます。

おおよその相場を知りたい場合は、机上査定を多めに依頼することをおすすめしますが、本格的に売却を進めるにあたって売出価格を決める場合には、机上査定では根拠が弱いと言えるでしょう

査定価格のポイント⑥:訪問査定の数を絞る

正確な査定価格を知るには、机上査定ではなく、実際に物件を訪れて査定を行う訪問査定の実施が必須です。机上査定では、不動産会社が現地を訪れることはないため、多くの不動産会社に査定を依頼しても売り手の負担は増えません。

しかし、訪問査定では、不動産会社が現地を訪れるため、日程調整や部屋の片付けといった手間や時間がかかるので、多くの不動産会社に依頼するのは適切ではないと言えます。そのため、仲介の依頼を見据えて、机上査定よりも数を絞って訪問査定を依頼することをおすすめします。

売出価格の設定は不動産売却の成功を大きく左右するため、適切な売出価格を設定するためにも、机上査定だけで終わらせるのではなく訪問査定を必ず行いましょう

まとめ

不動産の売却では、まずは売出価格を決めます。売出価格が相場より安い場合は売り手が損をし、相場より高い場合は売れにくいため、適正な売出価格を決めることが不動産売却を成功させる上で必要不可欠です。

適正な売出価格を決める上で重要なのが不動産会社の査定価格です。しかし、不動産会社に査定を依頼して、査定結果を得られれば何でも良いというわけではありません。ポイントを押さえながら査定を依頼する、査定価格と向き合うことが重要です。

この記事には、査定を依頼する際のポイントや査定価格との向き合い方をまとめています。記事の内容を確認してから査定を依頼することで、適正な売出価格を決めやすくなるため、不動産売却を成功に導くことができるでしょう

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む