仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却コラム

不動産売買は仲介を依頼した方が良い?仲介について解説

公開:2020/04/23更新:2020/04/21

不動産売買では、スムーズに売買を進める、売買後のトラブルを未然に防ぐためにも不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

自分で不動産売買できる場合は、不動産会社に仲介を依頼せずに自分で不動産売買を進めることもできますが、不動産会社に依頼した方がいいのでしょうか?

この記事では、不動産売買は仲介を依頼した方が良いのか、仲介のメリットとデメリットについて分かりやすく解説します。

不動産売買の仲介とは

不動産売買を進める場合は、自分で売買を進める方法もしくは不動産会社に仲介を依頼する方法のどちらかを選びます。

自分で売買を進める場合には以下の業務を全て自分で行う必要がありますが、不動産会社に仲介を依頼した場合にはこれらを全て代わりに行ってくれます

・査定や売出価格の提案
・広告と宣伝資料の作成
・買い手に物件の紹介
・契約書の作成と決算

不動産売買は、ほとんどの人が不動産会社に売却の仲介を依頼しているため、不動産会社に仲介を依頼することが当たり前だと感じている人が多いと思います。しかし、不動産会社に売却の仲介を依頼することにはメリットだけでなくデメリットも伴うため、それらをよく理解した上で、自分で売買を行うか仲介を依頼するかを選ぶことが重要です。

不動産売買の仲介を選ぶメリット

不動産売買の仲介を選ぶメリットとして、以下の3つが挙げられます。

・適正な売出価格が分かる
・時間と手間を省ける
・買取よりも高く売却できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

不動産売買で仲介を選ぶメリット①:適正な売出価格が分かる

不動産売買を自分で行う場合は、売出価格を自分で決定しなくてはなりません。売出価格を決めたものの、相場より高いと買い手がなかなか見つからない、低いと売買が成立すると損をすることになるので注意が必要です。

一方、不動産会社に依頼した場合は、不動産会社が過去の取引実績や現地確認を踏まえながら査定結果を出してくれます。その査定結果に基づきながら売出価格を設定するため、売出価格の設定を誤ってチャンスを逃す、損をするというリスクを抑えることが可能です。

不動産売買で仲介を選ぶメリット②:時間と手間を省ける

自分で不動産売買を進めるとなると、査定や売出価格の提案・広告と宣伝資料の作成などの業務を全て自分で行わなくてはなりません。

ほとんどの人が不動産売買に関する知識や経験がないため、不動産売買を自分で進めるとなると、時間と手間がかかって仕事との両立に支障が生じる可能性があります。

不動産会社に仲介を依頼した場合、不動産会社が全ての業務を行ってくれるため、売り手は内覧、売買契約、引き渡しに立ち会う程度です。少しでも不動産売買にかかる時間と手間を省きたいのであれば、不動産会社に仲介を依頼した方が良いと言えるでしょう。

不動産売買で仲介を選ぶメリット③:買取よりも高く売却できる

不動産売買には、仲介以外にも不動産会社に買取を依頼するという方法があります。不動産会社に買取を依頼すると、不動産会社が直接買い取ってくれるため、スムーズに売買を完結できるというメリットがあります。

しかし、買取価格は、市場の取引価格より2~3割低くなるというデメリットがあるので注意が必要です。そのため、不動産を少しでも高く売却したい人には、買取はおすすめできません。少しでも高く売却したいのであれば、仲介を選ぶことをおすすめします。

不動産売買の仲介を選ぶデメリット

不動産売買の仲介を選ぶデメリットには、以下の2つが挙げられます。

・仲介手数料がかかる
・スケジュールが立てにくい

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

不動産売買で仲介を選ぶデメリット①:仲介手数料がかかる

不動産会社は不動産売買の仲介を行って収入を得ています。そのため、不動産売買で仲介を選んだ場合、売買契約が成立すると不動産会社に仲介手数料を支払わなくてはなりません。不動産会社に支払う仲介手数料の金額は以下の通りです。

不動産売却価格 仲介手数料
200万円以下の部分 売却価格の5%以内
200万円超400万円以下の部分 売却価格の4%以内
400万円超の部分 売却価格の3%以内

しかし、不動産の売却価格は400万円を上回るのが一般的です。そこで、よく仲介手数料の計算で用いられるのが「(売却価格×3%+6万円)+消費税」という速算式です。

この速算式は不動産の売却価格が400万円を超える場合にしか利用できません。例えば、不動産の売却価格が4,000万円の場合には、(4,000万円×3%+6万円)+消費税(10%)=138万6,000円の手数料を不動産会社に支払います。

自分で不動産売買を進めた場合や買取の場合には、仲介手数料がかかりません。そのため、不動産売買でかかる費用を少しでも抑えたい場合、仲介以外の方法を選んだ方が良いと言えるでしょう。

不動産売買で仲介を選ぶデメリット②:スケジュールが立てにくい

不動産売買で仲介を選ぶと、不動産の専門家の不動産会社が売買を進めてくれるため、スムーズに売却が進むと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、不動産会社に仲介を依頼しても買い手が見つかるタイミングは状況によって異なります。そのため、買い換えを検討している場合、スケジュールを立てにくいというデメリットがあるので注意が必要です。

自分で売買を進めるよりスムーズに売買を進められる可能性が高いと言えますが、すぐに不動産を売却したい場合には、買取を選ぶことをおすすめします。

不動産会社を仲介せずに不動産売買するデメリット

不動産会社を仲介せずに自分で売却するという方法もありますが、デメリットが多いのでおすすめしません

不動産会社を仲介せずに売却するデメリットとして以下の3つが挙げられます。

・手間と時間がかかる
・トラブルが生じやすい
・法律を学ばなければならない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

手間と時間がかかる

不動産会社に仲介を依頼しない場合は、自分で買い手を見つけなければなりません。いくら身内に買い手がいる状況でも、重要事項説明書と売買契約書を自分で作らなければならず、その後の手続きも全て自分で行う必要があります。

不動産会社に仲介を依頼した場合は、これらの作業を全て行ってくれるため、手間と時間を大幅に省くことができるでしょう。

トラブルが生じやすい

売却した不動産に問題があった場合は、不動産会社に仲介を依頼していれば、不動産会社が対応してくれます。

しかし、自分で不動産を売却する際は、当事者同士で解決しなければならず、身内の場合は泥沼化しやすいので注意が必要です。

また、不動産の買い手は自己資金だけでは不足するため、住宅ローンを契約するのが一般的です。しかし、住宅ローンを契約する際に提出する書類は、原則不動産会社からのものしか受け付けていません

これらのトラブルを未然に防ぐためにも、不動産会社に仲介を依頼することをおすすめします。

法律を学ばなければならない

不動産を売却する際は、道路の種類や境界の有無、建物の説明などを買い手に行わなくてはなりません。そのため、不動産に関連する法的な知識を身に付けておく必要があります

また、2020年4月の民法改正で瑕疵担保責任が契約不適合に変わりました。契約不適合の特徴をまとめると、重要事項説明書や売買契約書に書かれていない欠陥が見つかった場合、売り手が責任を負わなくてはならないということです。

つまり、重要事項説明書や売買契約書に欠陥の詳細が盛り込まれていて、説明もしっかりと行っている場合、買い手は欠陥の責任を負わずに済みます。不動産会社に仲介を依頼すれば説明漏れのリスクを抑えることができますが、自分で売却する場合には何を説明するのか分からないため、説明漏れによる責任追及が行われる可能性があります

不動産には数多くの法律が関係していて、法改正も適宜行われるため、自分が法律の知識を身に付けるよりも不動産の専門家である不動産会社に任せた方が良いでしょう。

まとめ

不動産売買には、自分で売買を進めるという方法もありますが、時間と手間がかかるため、不動産会社に仲介を依頼した方が良いと言えます。

不動産会社に仲介を依頼するという方法には、適正な売出価格を設定できる・時間と手間を省けるというメリットがある一方、仲介手数料がかかる・スケジュールを立てにくいというデメリットも伴うので注意が必要です。

不動産売買には、他にも買取という方法もあるため、どの方法が自分に合っているのかよく考えてから不動産売買の方法を選びましょう。

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む