仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却の方法は全部で3つ!それぞれの特徴を解説

公開:2020/05/19

不動産の売却では、不動産会社に仲介を依頼するという方法を選ぶ人が多いと思いますが、他にも不動産売却の方法があります。

状況や売却の目的次第では仲介以外の売却方法を選んだ方が良い場合もあるため、どのような売却方法があるのか事前に理解しておくことが重要です。

この記事では、全部で3つある不動産の売却方法の特徴について解説します

不動産売却の方法は全部で3つ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼して買い手を探してもらうという方法を想像する人が多いのではないでしょうか?

しかし、不動産売却の方法は仲介だけではなく、以下の3つの売却方法が挙げられます。

不動産の売却方法 特徴
仲介 不動産会社が買い手を探す
買取 不動産会社が直接買い手になる
個人による売買 所有者が自分で買い手を探す

買取とは、仲介のように不動産会社が買い手を探してくれる売却方法ではなく、不動産会社が直接不動産の買い手になってくれる売却方法です。

自分で買い手を見つけることができる場合は、自分で買い手を見つけて売買契約を締結するという売却方法も挙げられます。

不動産の売却方法は上記のように全部で3つあり、その中から状況や目的に合う売却方法を選んで売却を進めれば、より好条件で不動産を売却できるでしょう

不動産売却の方法①:不動産会社に仲介を依頼

不動産の専門家である不動産会社に仲介を依頼する方法が最善の選択だと思っている人も多いかもしれませんが、そうとは言い切れません。

不動産会社に仲介を依頼するという方法は、メリットだけでなくデメリットもあるため、それらをしっかりと理解した上で選ぶことが重要です。不動産会社に仲介を依頼することによるメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

方法①仲介のメリット

仲介のメリットとして、不動産の専門家の不動産会社の手厚いサポートを受けられるということが挙げられます。

例えば、大手の不動産会社の場合、既に顧客を抱えているケースも多く、買い手のニーズに合えばすぐ売買契約の成立に至る可能性があります。また、独自のネットワークを駆使して、スムーズに売却を進めることが可能です。

また、2020年4月1日の民法改正で、瑕疵担保責任から契約不適合責任に変わりました。契約不適合責任に変わったことによって、売り手が売却した不動産に対して負う責任が以前より重くなったと言われています。

何も知らずに売却を進めると、後でトラブルに発展する可能性が高いと言えますが、不動産会社に仲介してもらえばリスクを抑えられるため、安心して不動産売却を進められるでしょう

方法①仲介のデメリット

不動産会社に仲介を依頼した場合は、売買契約が成立した時点で不動産会社に仲介手数料を支払宇必要があります。仲介手数料の上限は以下の通りです。

不動産売却価格 仲介手数料
200万円以下の部分 売却価格の5%以内
200万円超400万円以下の部分 売却価格の4%以内
400万円超の部分 売却価格の3%以内

不動産売却価格が400万円を超える場合、「(売却価格×3%+6万円)+消費税」という速算式で仲介手数料を算出できます。4,000万円の不動産売却の仲介を依頼した場合は、138万6,000円の仲介手数料がかかりますが、あくまでも上限なのでこれよりも少なくなる可能性があります。

このように不動産会社に仲介を依頼した場合、仲介手数料の負担が重くのしかかるため、少しでも支出を減らしたいと考えている人は、仲介はあまりおすすめできません

不動産売却の方法②:不動産会社に買取を依頼

買取では不動産会社が直接不動産を取得しますが、不動産会社は取得した不動産を使用しません。不動産会社は買い取った不動産のリフォームを行ってから、転売することによって差益を得ます

売り手も不動産会社に直接買い取ってもらえるので双方にWIN-WINの売却方法ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?買取のメリットとデメリットを見ていきましょう。

方法②買取のメリット

不動産会社に仲介を依頼しても、買い手がなかなか見つからない場合があります。しかし、買取は不動産会社が買取に応じてくれればすぐに不動産を買い取ってもらえるため、スムーズに不動産を売却できます

また、スムーズに売却できることで、固定資産税や都市計画税、管理費や修繕積立金などの無駄な支出が増えることを防ぐことが可能です。

不動産会社と直接売買契約を締結するため、仲介のように仲介手数料がかかりませんスムーズに売却したい、少しでも無駄な支出を減らしたいという人には、買取はおすすめの売却方法と言えるでしょう

方法②買取のデメリット

不動産会社は転売で利益を得なければならないため、買取価格は相場よりも2~3割低くなる場合が多いと言えます。そのため、少しでも高く不動産を売却したいという人は、あまり買取をおすすめできません

また、必ず買い取ってもらえるわけではない、事故物件や建築条件が付いている物件はさらに買取価格が低くなるという点に注意が必要です

不動産売却の方法③:個人で売買する

不動産の売却では、必ず仲介や買取のように不動産会社を介す必要はありません。自分で買い手を見つけて売買契約を交わすことも可能です。

不動産の専門家の不動産会社に、不動産の仲介や買取を依頼した方が良いと考えている人が多いと思いますが、個人で不動産を売買するメリットとデメリットはあるのでしょうか?個人で不動産を売買する場合のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

方法③個人売買のメリット

個人売買は仲介を依頼しないため、仲介手数料がかかりません。売却価格によって異なるものの、100万円程度の支出を抑えることが可能です。

不動産会社に仲介を依頼すると、不動産会社が売却をサポートするため、売却がスムーズに進むと思っている人もいるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

売買契約を成立させることで得られる仲介手数料は買い手と売り手の両方からもらえるため、両手仲介という両方から仲介手数料を受け取れる仲介方法を優先する不動産会社がいます。

この両手仲介を優先されると、他の不動産会社に買いたいという人がいても後回しにされるため、売却がスムーズに進みません

個人の売買の場合、このような不動産会社の私情を挟まないため、売り手と買い手の条件が合えばスムーズに売買契約が成立するのも大きなメリットと言えるでしょう

方法③個人売買のデメリット

個人売買のメリットに魅力を感じた人も多いと思いますが、買い手の候補がいないにもかかわらず個人売買を行うことは容易ではありません。

その理由は、不動産会社は独自のネットワークがあるので売却をスムーズに進める一方、個人にはそのようなネットワークがなく、営業力が大幅に劣るためです。

2020年4月1日の民法改正で、これまでの瑕疵担保責任が契約不適合責任に変わって、売り手が負う責任が以前より重くなりました。売買契約書をこれまでに作成したことがない個人が売買契約書を作成すると、契約不適合責任に該当してトラブルに発展する可能性が高いと言えます。

トラブルを未然に防ぐ、スムーズに売却するには、不動産会社に仲介や買取を依頼した方が良いと言えるでしょう

まとめ

不動産を売却する場合、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的ですが、他にも買取や個人による売買という方法があります。それぞれの方法で特徴が大きく異なるため、状況や目的に応じて売却方法を選ぶことが重要です。

この記事には、各売却方法のメリットとデメリットをまとめています。記事内容をしっかりと確認してから売却方法を選べば、スムーズに売却を進められるでしょう

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

お客様の声

SNS

よくある質問