仙台市内の新築一戸建て情報|ホームセレクト
仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産売却コラム

不動産を好条件で売りたい?不動産売却を成功させるポイント

公開:2020/04/23更新:2020/04/21

中古マンションや中古一軒家といった不動産の売却を検討している人の中には、少しでも早く・高く売却したいと考えている人が多いと思います。

不動産を好条件で売却したいのであれば、不動産売却を成功させるポイントをしっかりと押さえた上で売却に臨むことが重要です。

この記事では、不動産売却を成功させるポイントについて分かりやすく解説します。

不動産を好条件で売りたい場合に押さえておくべきポイント

不動産は多額の資金が必要な大きな買い物の1つで、簡単には買い手が見つからない可能性が高いと言えます。また、買い手は少しでも高く売りたい、売り手は少しでも安く買いたいといったように双方の思惑が異なるため、駆け引きによって結果に大きな差が生じるので注意が必要です。

不動産の売買では、いかに早く買い手を見つけるか、高く売却するかがポイントになります。不動産を好条件で売りたいのであれば、不動産売却を成功させる以下のポイントを事前に押さえておくことが重要です。

・相場をしっかりと理解しておく
・複数の不動産会社に査定を依頼する
・不動産会社をしっかりと選ぶ
・売出価格をしっかりと考える
・不動産の買取を選択する
・築年数が浅いうちに売却する
・買い換えの順番を決めておく

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

不動産売却で押さえるポイント①:相場をしっかりと理解しておく

不動産売却では、売出価格をいくらに設定するかによって不動産売却が成功するかどうか決まると言えます。売出価格を相場よりも低く設定した場合は、買い手が見つかりやすいと言えますが、相場よりも安く売却することになるので損をします

相場よりも高く設定した場合は、買い手がなかなか見つかりません。その間の固定資産税や管理費・修繕積立金などの無駄な支出が増える売り時を逃す可能性があるので注意が必要です。

不動産をより好条件で売りたいのであれば、相場をしっかり理解して、適正な売出価格を設定することが重要です。相場を理解する方法には、不動産会社に査定を依頼する、不動産ポータルサイトで類似物件の売出価格を確認するという方法があります。

相場をしっかりと理解してから売出価格を設定することで、不動産売却で失敗するリスクを多少は抑えられるでしょう。

不動産売却で押さえるポイント②:複数の不動産会社に査定を依頼する

不動産を好条件で売りたい場合、相場をしっかり理解しておくことが重要でした。相場を理解する方法の1つに不動産会社に査定を依頼するという方法がありますが、1社だけに査定を依頼しても、その査定結果が正しいかどうか分かりません

不動産会社によって、査定で重視するポイントは大きく異なります。そのため、査定結果も不動産会社によって異なるのが一般的です。また、営業力に自信のある不動産会社は、強気の査定結果を出す一方、自信のない不動産会社は弱気の査定結果を出す傾向があります。

正確な査定結果を得るためには、1社だけに査定を依頼するのではなく、複数の不動産会社に査定を依頼した方が良いと言えます。複数の不動産会社に査定を依頼すれば、相場に近い売出価格を設定できるでしょう。

不動産売却で押さえるポイント③:不動産会社をしっかりと選ぶ

不動産会社と言っても多くの不動産会社があります。「どの不動産会社に仲介を依頼しても結果は同じ」と思っている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

不動産会社には、不動産売買が得意な不動産会社、賃貸管理が得意な不動産会社もいます。売却の仲介を依頼するにもかかわらず、賃貸管理が得意な不動産会社に依頼しても意味がありません

不動産の仲介の依頼では、不動産売買を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。また、不動産売買を得意とする不動産会社と言っても、一軒家が得意なのか、マンションが得意なのかで大きく異なります。

不動産売却を成功させるには、何を得意とする不動産会社なのか、しっかりと確認してから仲介を依頼することが重要です。

また、顧客を抱えていることをウリにして、高い査定結果を提示してくる不動産会社には注意が必要です。実際は顧客を抱えておらず、売却活動の結果を根拠に売出価格の値下げを要求することを最初から狙っている可能性も。そのような不動産会社を見抜くには、査定結果に根拠があるかどうかをしっかり確認することが重要と言えるでしょう。

不動産売却で押さえるポイント④:売出価格をしっかりと考える

不動産の売出価格を設定する場合は、相場に合わせれば良いというものではありません。不動産の買い手は少しでも安く不動産を購入したいと考えており、売出価格で契約が成立するということはほとんどなく、値下げ交渉が行われるのが一般的です。

相場に合わせて売出価格を設定している場合、そこから値下げ交渉が行われるため、値下げ交渉に応じると相場よりも安く売却することになります。かといって、値下げ交渉を断ると、契約成立のチャンスを逃す可能性もあるので注意が必要です。

少しでも高く不動産を売却する、契約成立のチャンスを逃さないためには、相場よりも少し高めに売出価格を設定することが重要です。そこから値下げ交渉に応じた場合、少しでも高く売りたい、少しでも安く買いたいという両者の思惑が一致するため、好条件で不動産を売却できるでしょう。

不動産売却で押さえるポイント⑤:不動産の買取を選択する

不動産の売却方法には、仲介を依頼するという方法以外に買取を依頼するという方法があります。買取と仲介の特徴を比較すると以下の通りです。

買取 仲介
売却期間 短い 長い
仲介手数料 無料 有料
瑕疵担保責任 負わない 負う
リフォーム 不要 必要
売出価格 設定できない 自由に設定できる
売却価格 低い 高い

不動産会社に買取を依頼した場合、直接不動産会社に買い取ってもらえるので買い手を探す時間と手間を省くことができます。また、仲介手数料がかからないため、無駄な支出を抑えることが可能です。

しかし、売出価格を自由に設定できず、買取価格が周辺相場より2~3割安くなるのが一般的です。スムーズに売却したい場合は買取を選ぶのも1つの選択肢と言えますが、不動産を少しでも高く売却したいのであれば、仲介を選んだ方が良いと言えるでしょう。

不動産売却で押さえるポイント⑥:築年数が浅いうちに売却する

不動産の査定結果に影響を与える要因には、駅からの距離、住環境、築年数といった複数の項目が挙げられます。築年数と売却価格の関係は最初の10年で大幅に下がりその後は緩やかに下がっていくのが一般的です。

また、築年数の経過した不動産は修繕費用が多くかかるので買い手もなるべく築年数の浅い物件を探しています。そのため、需要の高さと売却価格の高さを踏まえると、なるべく築年数の浅いうちに売却した方が良いでしょう。

不動産売却で押さえるポイント⑦:買い換えの順番を決めておく

不動産の買い換えを検討している場合は、売却とともに新居の購入を進める必要があります。買い替えでは、購入を先にするのか、売却を先にするのかを事前に決めておくことが重要です。

購入を先にした場合、新しい住居をじっくり探すことができるというメリットがある一方、売却が長引くと住宅ローンの二重払いになるというデメリットがあります。

売却を先にした場合、売り急ぐ必要がないのでじっくりと条件に合う買い手を探すことができるというメリットがある一方、新しい住居がすぐに決まらないと仮住まいを確保しなくてはならないというデメリットがあります。

何も考えないまま買い換えを進めるとデメリットの影響で後悔する可能性もあるため、メリットとデメリットをよく理解してからどちらを優先するのか決めておきましょう。

まとめ

不動産を少しでも早く・高く売りたいと考える人は多いのではないでしょうか?そのような人は、この記事に書かれている不動産売却を成功させるポイントを押さえながら不動産の売却に臨めば、少しでも成功する可能性を高めることが期待できます。

ポイントを押さえたからと言って、必ず不動産を好条件で売却できるというわけではありません。しかし、何もしなければ、買い手に有利な条件で売買契約が成立する可能性が高いため、少しでも自分に有利になるように対策を練ることが重要と言えるでしょう。

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む

不動産売却のシミュレーション方法を解説|手元にいくら残るかわかる

「住宅を売却したら手元にいくら残るの?」 「不動産売…

記事を読む

新築・築浅の家を高値で売却する方法8選と知っておくべき注意点3つ

「購入したばかりの新築を売らなきゃいけなくなったけど…

記事を読む

古家付き土地売却とは?メリット&デメリットと良い条件で売るコツ

「古家付きの土地を売却したいけれど、どうすればいい?…

記事を読む

土地の評価額の調べ方を分かりやすく解説|目的別に計算法を紹介

土地の評価額を調べたい場合、調べ方はひとつではありま…

記事を読む

土地の実勢価格の調べ方と計算方法をどこよりも分かりやすく解説!

土地の実勢価格とは、土地の売買が成立した時の価格を意…

記事を読む

住宅ローンが残っていても不動産は売却できる!売却方法や流れを解説

「まだ住宅ローンが残ってるけど不動産売却って可能なの…

記事を読む

住宅の解体費用はいくら?坪数別の相場一覧と安くする工夫点5つ

住宅解体にかかる費用の相場は下記の通りとなっています…

記事を読む

路線価と実勢価格の違いを解説|路線価と実勢価格の調べ方や計算方法付き

「路線価」と「実勢価格」はどちらも土地の価格です。 …

記事を読む