仙台市の新築一戸建ての購入、不動産の売却はホームセレクト

不動産を売る理由は何?不動産を売る主な理由を調査

公開:2020/05/02

不動産の売却を検討している人の理由は様々です。例えば、子供が産まれたまたは子供が独立して家族構成が変化した、転勤になったなどです。

不動産を売る理由によっては、売るという選択肢以外に賃貸するという選択肢もあるため、まずは不動産をなぜ売るのかという理由を明確にしておくことが重要です。

この記事では、不動産を売る主な理由と注意点について解説します。

不動産を売る5つの理由

所有している不動産に住み続けることができなくなった場合は、不動産を売ることを第一に考える人が多いと思います。

しかし、不動産に住み続けることができなくなった理由次第では、売る以外に賃貸という選択肢もあるので理由を明確にすることが重要です。不動産を売る理由として以下の5つが挙げられます。

不動産を売る理由
・住み替えのため
・売却代金を生活費に充てるため
・借入金を一括返済するため
・住宅ローンの返済継続が困難なため
・相続税の支払いを行うため

それぞれの不動産を売る理由について詳しく見ていきましょう。

不動産を売る理由①:住み替えのため

その時の家族構成に合った不動産を購入したにもかかわらず、時間の経過とともに家族構成が変化して不動産の間取りが合わなくなることがあります。

例えば、子供が産まれて部屋が手狭になった、子供が成人するとともに独立したことで部屋を持て余すようになったなどです。不動産を売る理由がこのような家族構成の変化である場合、そのまま不動産を残していても特に意味がないため、今の不動産を売って住み替えた方が良いと言えます。

同じ住み替えでも、転勤を理由とする住み替えの場合には、今住んでいる不動産に何らかの欠点が存在するわけではありません。そのため、もし気に入って購入した不動産の場合は、一度手放すと二度と手に入らない可能性があるので、売るのはあまりおすすめしません

今すぐ現金化しなければならないという理由がない場合、戻ってくるまで賃貸物件として運用するという方法が挙げられます。

同じ住み替えでも、理由によっては違う方法を選んだ方が良い場合もあるため、売る理由を明確にしてからその後の計画を立てましょう。

不動産を売る理由②:売却代金を生活費に充てるため

不動産を所有している人の中には、リストラや退職といった理由で収入が減少し、生活費の確保に困っている人もいると思います。

一時的な生活費の不足の場合、ローンを契約するという方法もありますが、長引く場合はローンの返済すら滞る可能性があるので注意が必要です。

生活費の不足が長引く人の場合、不動産を現金化して生活費に充てるという方法が挙げられます。現金化した後は、賃貸住宅に住みながら生活の建て直しを図っていくことになるでしょう。

不動産を売る理由③:借入金を一括返済するため

不動産の購入では自己資金だけでは購入資金が不足するため、住宅ローンを契約して購入するのが一般的です。

住宅ローンがいくら低金利のローンであっても、返済期間が長期なので、返済総額は利息を含んで高額になります

そこで返済総額を抑えるために、不動産の売却価格が住宅ローンの残債を上回った時点で不動産を売却するという方法が挙げられます。

この方法は、住宅ローンの残債を不動産の売却代金で補うことができることから、返済を気にする必要がありません。

利息による無駄な支出を減らして老後に備えたい、余裕を持った生活を送りたい場合はこの方法を選ぶことも1つの選択肢と言えるでしょう。

不動産を売る理由④:住宅ローンの返済継続が困難なため

住宅ローンを契約した当時は無理のない計画を立てたつもりでも、病気や出産を理由に返済計画に支障が生じる場合があります。

このように住宅ローンの返済継続が困難になった場合は、不動産を売却して住宅ローンを完済するという方法がありますが、それ以外にも方法はあります。それは、金融機関に交渉して返済負担を軽減してもらうという方法です。

金融機関は契約者に自己破産されてしまうと、残債を回収できない可能性があります。そのため、金融機関の中にはそのような事態に陥らないために、事前に相談すれば利息の支払いだけに負担を軽減してくれる金融機関もいます

必ず負担軽減に応じてくれるというわけではありませんが、住宅ローンの返済継続が困難な場合、不動産を売るという選択に至る前に金融機関に相談した方が良いと言えるでしょう。

不動産を売る理由⑤:相続税の支払いを行うため

相続で不動産を取得した人の中には、相続税の支払いを行うために不動産を売って現金化しようとしている人もいると思います。

確かに現金化した方が遺産分割をスムーズに行うことが可能ですが、現金化以外に代償分割という選択肢もあります。代償分割とは、不動産に住みたい相続人がいる場合に、その相続人が不動産を相続して他の相続人に現金を代わりに渡すという方法です。

どちらを選んでも問題はありませんが、相続人が複数人いる状況で、勝手に相続方法を決定するとトラブルに発展するので注意が必要です。相続人同士でよく話し合ってから行動に移しましょう。

不動産を売る際の注意点

不動産を売りたいと思っていても想定外の事態に陥る可能性があるので注意が必要です。不動産を売る際の注意点として以下の2つが挙げられます。

・アンダーローンか確認する
・売却代金を全て利用できるわけではない

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

不動産を売る際の注意点①:アンダーローンか確認する

不動産を売る際は、アンダーローンかどうか事前に確認しておく必要があります。アンダーローンとは、不動産の売却価格が住宅ローンの残債を下回っている状況です。

アンダーローンの状況で不動産を売却しても残債が残るため、不動産会社は設定している抵当権を抹消してくれません。抵当権とは、住宅ローンの契約者が万が一滞納した場合に、金融機関が不動産を売却して残債を回収できる権利です。

この権利が残ったままだと、不動産の買い手は自分に落ち度がない場合でもいきなり不動産を売却されるリスクがあるため、買い手が見つかることはほとんどありません

アンダーローンの状況で売却する場合には、金融機関に抵当権を抹消してもらわなくては買い手を見つけることが困難であるため、金融機関に相談する必要があります。

任意売却または競売という方法のどちらかを選びますが、選ぶのは金融機関です。任意売却の方が多くのメリットがあるため、なるべく任意売却を選んでもらえるように交渉しましょう。

不動産を売る際の注意点②:売却代金を全て利用できるわけではない

不動産を売って得た売却代金を買い替えや一括返済に充てることを考える人もいると思いますが、売却代金を全て利用できるわけではありません

不動産を売る場合、不動産会社に仲介を依頼した際に支払う仲介手数料、売って利益が生じた際に負担する不動産取得税といった費用が発生します。

これらの費用を差し引いて残った分しか自由に使うことができません。そのため、不動産を売った後に売却代金を使うことを考えている人は、どのような手数料や税金がかかるのか事前によく確認してから売りましょう。

まとめ

不動産を売る理由は人によって異なります。しかし、理由の中には、不動産を売る以外の選択肢もあるため、売ってから後悔しないためにも本当にその選択肢で間違っていないかよく考えることが重要です。

この記事は、代表的な不動産を売る理由と不動産を売る際の注意点についてまとめています。この記事を見てから行動に移せば、売却後に後悔するリスクを少しは軽減できるでしょう。

不動産売却コラム
新着記事

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

不動産売却では相場を知ることが重要?令和2年の相場を解説

不動産売却を検討している人の中には、特に売却を焦って…

記事を読む

【所得税軽減】マイホーム売却の3,000万円控除について徹底解説

所有中の不動産が購入時の価格よりも高く売れた場合には…

記事を読む

【所得税軽減】空き家売却の3,000万円控除について徹底解説

相続によって不動産を取得したものの、売却せずにそのま…

記事を読む

【相続税軽減】取得費加算の特例を分かりやすく解説

相続した不動産の売却を検討している人の中には、売却に…

記事を読む

不動産売却の不動産査定とは?不動産査定の流れを解説

不動産を売却する際は、不動産がいくらで売れるのか、売…

記事を読む

不動産売却はどんな売却活動が行われる?流れと注意点を解説

不動産の売却では、不動産会社に任せておけば売り手は何…

記事を読む

不動産売却は物件ごとに売却方法が異なる?売却方法を解説

不動産と一口に言っても、マンションまたは戸建、築年数…

記事を読む

不動産売却では仲介の依頼が必要不可欠?仲介について解説

不動産を売却するにあたり、不動産会に仲介を依頼すべき…

記事を読む

お客様の声

SNS

よくある質問